女性

ゆったりとした気持ちで妊娠初期を過ごす方法

妊娠の可能性を上げる

ドクター

どんなものなのか

着床前診断は体外受精を行った際、受精卵に遺伝子や染色体の異常がないかどうかをチェックするものです。特に両親のどちらかに子供に遺伝する疾患がある場合に、子供にその疾患が遺伝するかどうかを診断することができます。妊娠してから子供に何らかの疾患があることが分かった場合には中絶しようかどうか悩まなくてはいけませんが、着床前診断なら妊娠する前に遺伝子の状態がわかるので精神的な負担が少なくなると言われています。また、遺伝子や染色体に異常がある受精卵は母胎に戻しても流産しやすくなる可能性が高くなります。特に体外受精など不妊治療を行っていると母体への負担も大きくなるので、体外受精での妊娠率を上げるために着床前診断を行うという側面もあります。

実際の声を聞く

着床前診断は不妊に悩んだカップルにとっては大きな意味を持つものではありますが、その反面で命の選択を行うことともなり、倫理的にも宗教的にも問題だとしている人も少なくありませんので、それを理解しておく必要があります。また、着床前診断を行う時に伴う危険性は体外受精と同じ程度だと言われています。体外受精や着床前診断を実際に行っていたり、その件数が多い医師のいる病院で行ってもらうことで安心感が増します。日本産婦人科学会では条件を満たすことで診断実施の申請・許可を得て着床前診断を行うことができると言われています。着床前診断の費用は50〜80万円かかってしまうため、信頼できる病院と医師を選ぶために実際に着床前診断を行った人の声を聞くようにしてみましょう。